通販で購入できるBTOパソコンメーカー

BTOパソコンという言葉をよく耳にしますが、BTOは「Build to Order」の略で、受注生産の意味を持っています。
店頭で販売されるパソコンはスペックが決まっていますが、BTOパソコンならインターネット上で自分の好みにカスタマイズして注文することができますし、販売ルートがメーカーからの直販なので中間マージンもかからず、通常の店頭購入や通販などより安く購入することができるのも魅力となっています。
3Dゲームを存分に楽しみたいなど、自分の使いたい用途に合わせたパソコンを作れるのも魅力だと思います。
アプリケーションソフトなどはオプションとなっているので、不用なソフトを購入しなくても済みますし、カラーなども好みのものが選べるのも良いと思います。
BTOパソコンメーカーもたくさんありますが、安心して購入するなら、パソコンの評判などをチェックするのはもちろん、サポート体制や保証もしっかり行ってくれるメーカーを選びたいものです。

通販で買えるBTOパソコンメーカー



BTOパソコンメーカーといえばデル(DELL)でしたね。
それから、
日本ヒューレットパッカード(ht)
マウスコンピューター
最近は、
ソニー(ソニーストア)や東芝(東芝ダイレクト)など老舗の大手でも
BTOの販売方式を採用しています。
パソコン流通におけるBTOとは
Build to Orderの略で、
一般的に、
PCを構成するパーツをカスタマイズして購入することができる
売買方法を示しています。
販路はインターネット通販がメインではないでしょうか。
BTOの長所は、
比較的低予算で、自分の用途にあったスペックの
パソコンを入手できることにあります。
たとえば、普段はインターネットにつながればいいが、
YouTubeなどの動画はストレスなく見たい
というようなとき、
低スペックのものに、CPUとメモリだけをグレードアップさせたものを
購入する
という選択ができるわけです。
短所は、
ある程度パソコンの知識がなければ
取捨選択の判断が難しいことですね。

BTOパソコンメーカーの通販で自分の希望のパソコンを手に入れましょう



家電量販店などに、自分の希望する性能のパソコンが売っていない、という不満があるときは、BTOパソコンメーカーの通販で、自分の好きなようにカスタマイズをしたパソコンを注文してみましょう。
BTOならば、既製品のパソコンではなかなか選べないWindows7のUltimateも簡単に選べますし、CPUの種類も、自分の好みの性能のものを選ぶことができます。
また、ハードディスクの容量を多くしたいというときも、カスタマイズで容量の大きいハードディスクにすることもできますし、メモリを増やしてさくさく動くパソコンを作りたいなら、最初からメモリを大幅に増設したパソコンをカスタマイズすることもできます。
ノートパソコンのカスタマイズの場合、長時間外でパソコンを使いたいのなら、通常より駆動時間が長めのバッテリーをオプションで選ぶこともできます。
また、幅広いBTOができるパソコンは、余分なソフトウェアがプリインストールされていないことが多いので、「使いもしないソフトばかり入っている大手メーカーのパソコンは嫌」という人にもおすすめです。

参考サイトはこちら


ゲームパソコン激安ランキング!
ゲーム推奨認定パソコン激安ランキング!オンラインゲームを楽しみたい方必見!自分のスタイルにあったゲームパソコンを選んでみては?
www.game-pc-gekiyasu.com/